夫婦

老廃物を増やさない食事

夫婦

腎臓病になると、腎臓が老廃物をうまくろ過できなくなります。そのため老廃物を増やさないようにするための食事療法が必要となります。具体的には、腎臓が処理できる量を超えないように、たんぱく質とナトリウムとカリウムの摂取を制限するのです。自炊だと多くの手間がかかるので、市販や宅配の腎臓病食も使われています。

腎臓にかかる負担を軽減

笑顔のメンズ

ステージに応じた食事

腎臓病の人は、病気の進行度におけるステージによって食事の内容を変える必要があり、正しい方法によって食事をする事が大切です。一度低下した腎臓機能は元に戻る事は無いので、悪化しないように食生活やその他の生活習慣を改善して病気と上手に付き合っていく事が必用です。慢性腎臓病の初期段階である場合には、塩分の摂り過ぎに注意してバランスの良い食事を適量食べるようにして肥満に注意します。食事療法で大切な事は、不用な物は摂取しないと同時に必要なエネルギー量は確保する事が大切になるので、タンパク質も摂取する事が必用です。タンパク質は腎臓に負担のかかる老廃物になるので、ステージが進行するとタンパク質の制限もする必要がある為、注意が必要です。

周囲の協力を仰ぐ

腎臓病の人が食事療法を行う際には、塩分の控えた食事をしなくてはならない為、家族や友人にその事を伝えて協力してもらう事が必用です。普段何気なくしている食事には、多くの塩分が使われており調味料や加工食品、外食した際の食事には多くの塩分が含まれています。周囲と同じものを食べる事ができなくなる為、調理方法を変える必要があり、様々な工夫を凝らした食事をする必要があります。宅配サービスによる食事療法も多く行われており、味や献立を飽きずに続けられるメニューが豊富なのが特徴です。管理栄養士による栄養バランスの調整がしっかり行われているので、腎臓病のステージや性別によって調理の方法が替えられています。毎日の食事が楽しくなるようにする事が大切であり、宅配サービスを利用する事で、献立や調理方法を考える必要が無く、楽に食事療法を行う事ができます。

積極的な摂取と制限が大事

女の人

腎臓病になると、体内の老廃物と水分のコントロールが必要となります。腎臓を働かせる糖質や脂質を摂取しつつ、酷使を防ぐためにたんぱく質や水分の摂取を控えるのです。具体的には、肉と魚と卵、そして味噌とソースなどを控えることになります。販売されている腎臓病食を利用することで、食事療法の効率は良くなります。

負担を小さくする

食事

食事療法を通して腎臓病を治療すると、からだの体質を健康的な方向へと変えていけるので、症状そのものが出にくくなります。さらに、お弁当屋さんなどの宅配サービスを活用して食事療法を進めるパターンもあります。